ハンドメイド関係ないけど、水耕栽培はじめました笑

水耕栽培

あ、どうもわぱぱぺです✨

しばらく更新がストップしていたわぱぱぺのブログですが、

まだ辞めてはいませんので少しずつでも進んでいきます笑

ぎゃんぎゃん工房の方のブログは毎週更新していますのでそちらも興味がありましたらどうぞ!

ぎゃんぎゃん日和。
アクセサリー中心のハンドメイド活動をしている、teamぎゃんぎゃんによるぎゃんぎゃんなブログ。制作作品やフリマ出店情報などを載せていきます。minne様で販売を始めました→

さて、今回はですねハンドメイドにまったく関係ないんですが水耕栽培とゆうものに興味をもってしまいまして~

ネットで調べたりしていたら

ついついまた新しい事を始めてしまうとゆうね😅

でもまぁ、ちょっと栽培するための容器とかを手作りもしたのでこれもハンドメイドでしょ!?っとか無理やりな事でも言えばいいかなと笑

いろいろネットで調べたら栽培するための水(液肥)に光を当てないようにすると、藻が生えにくくていいらしいのでマネしてアルミホイルやら黒いビニール袋とかを使用してみました😆

スポンジを使えば土もいらないようなので、お部屋で野菜とかを栽培するのも汚れにくくてスマートだし、「畑を作るよりは」簡単そうですね~。

ちなみに、必要な物はほぼ100均(ダイソーとかセリア)で揃えました!

初期投資も少なく初められるのもいいですね~✨

あとは、空のペットボトルでも水耕栽培できるらしいので、

家に落っこちてたペットボトルを再利用してみました。

このやり方でいいのかわからないけどとりあえずこうなりました!

たぶん間違ってるので、やり方変えると思います笑

それよりも、今回の一番の力作は↓こちら!

4Lの焼酎のペットボトルと、500ml缶のチューハイ×24缶の入っていた段ボール箱を再利用して作りました✨

メンテナンスとかを考えて、一体化しないで本体と台座に分けて作りました。

これだけは水平展開(パクリ)ではなくて自分の頭から出たアイデアです。

もしかしたら同じ事考えてる人が作ってるかもですが😅

本体は主に2つのパーツでできています。
本体の上パーツの裏側

すきまテープをはってなるべくスキマを作らないようにしました。

ちなみに「本体の上パーツ」は焼酎のペットボトルを切った物です。

台座と合体したところ(側面)
背面から

背面には、念のため水位が見えるような窓をつけてみました。

使うかはわかりませんがあったほうがいいかなと✨

…ってのはウソで、最初の構想と少し変えたので段ボールを切った所を塞ぐためにドアのような物を段ボールの端材で作って付け加えました笑

こんな感じで開閉できます

ただ段ボールに切り込みをいれて輪ゴムを使っただけの簡単な作りです笑

お次は台座のほうです。

この真ん中の「みぞ」がまたみそでございます笑

なぜかとゆうと、

このようにピッタリと本体の取手部分にフィットしてくれるので、本体が転がることを防いでいます。

転がるとまわりが水浸しになってしまうので大事!

今回はダイソーの種を4種類植えてみました!

初めて野菜の種を買いにいきましたが、おそらく季節によって店に置いてある種が変わるんですね!

とゆうのも、今の時季はどの種を植えていいんだろう?

って見てたんですが、だいたい今の時季の物しかなかったのでびっくりしました笑(パッケージの下のほうに秋種って書いてあった)

野菜や植物をよく栽培してる人からしたら常識かもしれませんが、そうゆう所でへぇ~ってなる楽しみは始めたばかりの人の特権かもしれませんね笑

ちなみに、肥料はハイポニカをAmazonで購入しました。

どっちにしろ使う物だし、

500mlサイズとくらべて数百円の差だったので、お得感を感じて1Lサイズのほうにしました✨

500倍に水で薄めて使うのでしばらくは無くなりませんね😆


協和ハイポニカ 協和 レッド ハイポニカ液体肥料 1L(A・Bセット) KJA002

Cell Diagnostics ハイポニカ 水耕栽培 液体 肥料 500ml Hyponica 【Cell Diagnostics 保証正規品】

100均にも、肥料は売っているのですが土に植えた植物向けみたいで水耕栽培には使えないみたいです。

人間でゆうエナジードリンクみたいな感じのイメージがあったのでちょっと残念。

素人目にみたら「肥料」って何でも同じな感じですけど、いろいろ成分とかあって奥が深いんですね~😅

では、今回はこのへんでノシ

タイトルとURLをコピーしました